この度、骨密度測定装置を導入いたしました。

骨粗しょう症ガイドライン推奨検査です。DXA法を用いて腰椎・大腿骨近位部の両者を測定評価します。

骨粗しょう症になりやすい因子は、痩せた人、カルシウム不足、運動不足、閉経後の女性、高年齢などが挙がります。

検査は簡単で痛みなく行えますので、骨密度が気になる方は早めに検査を受けましょう。

検査をご希望の方は、整形外科医、窓口までご相談ください。

Share

関節の治療に PFC-FD療法

関節の痛みに新しい治療法PRP由来のPFC-FD療法
関節の痛みのお悩みではありませんか?
血小板の働きを利用した関節治療 
人体がもともと持っている「治癒力」を高める新しい治療法です。