がんの早期発見には、定期的ながん検診の受診をお奨めします。

要精密検査となった場合はさらに詳しい検査によって本当にがんがあるかを調べます。よく“がんと言われるのが怖いから精密検査は受けなかった”という人がいますが、これでは何のためにがん検診を受けたのかわかりません。

早期発見できて、むしろ良かったと考えて、精密検査は必ず受けましょう。

コラム:胃がん・大腸がんのお話

がん検診は、特に自覚症状がない方が受けます。自覚症状がある方は早めの診察をお勧めします。

胃がん検診
胃カメラ 2,000円

大腸がん検診
便潜血 600円

肺がん検診
胸部X-P 400円


ABC検診について(胃がんリスク健診)

胃液中に分泌される消化酵素(ペプシノゲンⅠとペプシノゲンⅡ)の割合を調べることによって、慢性胃炎(萎縮性胃炎)の進行度が予測できます。この割合とピロリ菌に対する抗体(菌に感染した後に体内で作られる)の有無を組み合わせて、胃がんのリスクを予測します。

 ※40・45・50・55・60歳の方が対象です。(負担1,000円)

ご予約・お問い合わせ たちばなベイクリニック 健診センター 095-838-8555

Share

関節の治療に PFC-FD療法

関節の痛みに新しい治療法PRP由来のPFC-FD療法
関節の痛みのお悩みではありませんか?
血小板の働きを利用した関節治療 
人体がもともと持っている「治癒力」を高める新しい治療法です。